胃カメラ

胃カメラ検査について

胃カメラは、先端にカメラがついた内視鏡スコープを挿入して、上部消化管(食道・胃・十二指腸)の粘膜を直接観察する検査です。検査中に組織を採取して病理検査を行うことで幅広い疾患の確定診断が可能です。また、胃がんをはじめとした数多くの疾患リスクとなるピロリ菌感染の有無を調べることもできます。潰瘍などで出血している場合には、検査中に止血処置を行うこともできます。さらに、魚介類の生食で感染するアニサキス症では、内視鏡で摘出することで激しい痛みを速やかに解消することも可能です。

胃カメラの特徴

特徴1 選べる胃カメラ検査

胃カメラ検査は、口から挿入する経口内視鏡検査と、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査があります。当院では、患者様のご希望に合わせてお選びいただけます。これまでスコープの細い経鼻検査は画質が劣るとされていましたが、当院は従来の経口検査と同等の画質を得られる経鼻検査可能な最新鋭の内視鏡システムを導入しています。経口と経鼻のどちらでも拡大やNBIなどによる精緻な観察が可能であり、出血がある場合の止血処置なども行うことができます。
鼻腔が狭い、または鼻の疾患があって強く腫れているといった場合には、経口検査をおすすめしています。経口検査でも細くしなやかでデリケートな操作が可能なスコープを用いることで、刺激を最小限に抑えた検査を行っています。
また、麻酔や鎮静剤の使用についても、なるべく患者様のご希望に沿う形で進めてまいります。鎮静剤を用いてウトウトと眠っているようなリラックスした状態で検査を行うことで、経口検査でも強い嘔吐感なく楽に受けていただけます。胃カメラ検査が苦手という方もお気軽にご相談ください。

こんな方にカスタマイズをおすすめします

  • 麻酔の量を最小限にしたい
  • 検査後、運転をする予定がある
  • 院内滞在時間をできるだけ短くしたい
  • 検査中に医師と会話したい
  • 自分でも検査中の画像を確認したい
  • 嘔吐感を起こさない検査を受けたい
  • 歯磨きの際にオエッとするので胃カメラに不安がある
  • 胃カメラ検査で苦しい思いをしたことがある
  • スコープが入ると思うと不安がある
  • 鎮静剤でウトウトしている間に検査を受けたい

 

特徴2 鎮静剤で苦痛のない検査のあと、富山駅から公共交通機関でご帰宅いただけます

鎮静剤を用いてウトウトと眠っているようなリラックスした状態で検査を行うことで、経口検査でも強い嘔吐感なく楽に受けていただくことができます。当院では、患者様のご希望に沿う形で鎮静剤の使用を推奨しています。胃カメラ検査が苦手という方もお気軽にご相談ください。
一方、鎮静剤使用後は、翌朝まで車の運転を控えていただく必要があるため、鎮静剤を使いづらい医療機関が多いのが現状です。当院は富山駅前に立地していることから公共交通機関で帰宅しやすく、より多くの方に、鎮静剤による、つらくない内視鏡検査を提供することができると考えています。

特徴3 経験豊富な内視鏡専門医による検査

当院で行うすべての内視鏡検査は、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の治療実績が300件以上と経験豊富かつ、拡大内視鏡検査・内視鏡治療に関する学会・論文発表を長年繰り返してきた内視鏡専門医が行っています。熟練した高度な技術や豊富な知識を基に、質の高い検査を短時間に行うだけでなく、患者様のお体への負担や不快感を最小限に抑えるよう心がけています。

特徴4 オリンパス最新の内視鏡システム「EVIS X1」

当院で導入している内視鏡システムは、長く内視鏡分野で世界をリードしてきたオリンパス社の最新モデル「EVIS X1」です。NBIという特殊光による観察、拡大、血管や炎症の強調が可能な画像処理、観察できる範囲を広げたワイドアングルをはじめとした微細な病変を短時間に発見できる数々の機能が搭載されています。

NBI

特殊な波長の光を当てることで、通常光ではわからなかった微細な血管分布も詳細に観察することができます。がん細胞は周囲に毛細血管を集める特徴を持っているため、粘膜表面には特に異常がないかなり早期のがんでもNBIによる特殊光観察で発見が可能になっています。以前のNBIは食道がんの早期発見に有効とされていましたが、最新モデルでは特殊光の明度が上がったことで早期の胃がん発見を可能にしています。

ワイドアングル

これまで前方140度だった前方視野角が170度とワイドアングルになり、一目で確認できる範囲が大きく広がっています。蠕動運動する消化管にはヒダやシワがたくさんあるため、ワイドアングルになれば見落としも減少します。ワイドアングルで広範囲を確認して、疑わしい部分は拡大して詳細に調べることで早期発見につなげています。

 

特徴5 リカバリールームでお休みいただけます

鎮静剤を使用した場合も検査終了後すぐにぼんやりと目覚めますが、30分程度ベッドでお休みいただく必要があります。当院ではプライバシーの守られたリカバリールームを複数ご用意して、患者様がリラックスしながらお休みいただけるようにしています。

特徴6 大型ハイビジョンモニター

画素数が多ければ、微細な変化を拡大してもクリアな画像を詳細に確認できます。当院ではデジタルハイビジョンの精緻な画像をリアルタイムに確認することで、より正確な診断を可能にしています。検査中の観察では映り込みや反射のない大型ハイビジョン液晶モニターを用いることで高度な検査を短時間に行うことができます。また、鎮静剤を用いない場合は、検査中にモニター画像を患者様にも見ていただくことが可能です。

特徴7 検査ごとに徹底した洗浄と消毒

内視鏡検査では、可能なものはすべて使い捨てできるディスポーザブル製品を取り入れています。それができないスコープや処置具などに関しては、内視鏡学会で定められたガイドラインに沿って洗浄・滅菌を徹底して行っています。当院では、洗浄・滅菌したものを患者様ごとにご用意することで、安全性の高い検査を実現しています。

胃カメラ検査でわかる疾患

など

胃カメラ検査でわかる疾患食道・胃・十二指腸の疾患は胸やけ、胃もたれ、胃痛をはじめ共通した症状を起こすものが多く、症状の強さが深刻度・進行度と比例していないケースも珍しくありません。たとえば激しい胃痛は食べ過ぎでも起こることもあれば、ある程度進行した胃がんでもほとんど症状がないケースもよくあります。胃カメラ検査では直接粘膜の状態を詳細に調べることができます。さらに、組織を採取して病理検査を行うことで確定診断が可能です。こうしたことから、がんをはじめとした深刻な疾患の早期発見に大きく役立ちます。

胸やけ、胃もたれ、胃痛といった日常的な症状は市販薬でもある程度抑えることができますが、そのことで受診が遅れて深刻な消化器疾患を進行させてしまうケースもあります。慢性的な症状があるようでしたら、1度胃カメラ検査を受けておくと安心です。
胃カメラ検査は、採取した組織を調べることでピロリ菌感染の有無も確認できます。感染していることがわかった場合には、除菌治療で胃がんリスクの高い萎縮性胃炎の発症を抑えることができます。慢性的な胃の症状がある場合や、胃がんになったご家族がいるなど、ピロリ菌感染のリスクが高い方は、早めの胃カメラ検査をおすすめしています。当院では、ピロリの除菌治療も行っていますので、ご相談ください。

検査のタイミング

当院の胃カメラ検査は、早期の微細な胃がんの早期発見も可能です。胃がんは早期であれば内視鏡による楽な治療で完治も可能ですが自覚症状がほとんどありません。進行して転移するまで自覚症状に乏しいこともありますので、特に症状のない段階で早期胃がんを唯一発見できる胃カメラ検査を受けることが有効です。
胃がんの発症リスクは40歳を超えると上昇しはじめますので、症状がなくてもその年齢を超えたタイミングで1度胃カメラ検査を受けるようおすすめしています。

早めの胃カメラ検査が有効なケース

  • 40歳以上
  • ピロリ菌感染陽性・胃がんになった家族がいる
  • 習慣的に喫煙や飲酒している

など

胃カメラ検査の流れ

当院では、事前にネットや電話、あるいは受診時にご予約いただいてから胃カメラ検査を行っています。お急ぎの場合、検査枠に空きがあり、朝食を食べていないなどいくつかの条件をクリアしていれば当日の胃カメラ検査が可能な場合もあります。また、魚介類による胃アニサキス症をはじめ、緊急性の高い症状がある場合にも当日検査に対応できる場合があります。こうした場合は、まずお電話でお問い合わせください。

1診察

医師が丁寧に問診し、胃カメラ検査についてわかりやすくご説明します。ご質問があればお気軽にお尋ねください。ご納得いただいた上で検査の予約をおとりいただきます。
検査は、前日や当日朝の食事の制限、薬を飲んでいる方には休薬・服薬なども必要になります。こうしたこともしっかりご説明しています。なお、診察当日の検査をご希望の場合には、事前に電話で可能かどうかをご相談ください。

2検査前日

午前中の検査を予約された場合には、夕食は消化の良いものを21時までに食べ、それ以降は検査終了まで絶食です。午後の検査を予約された場合は特に制限はありません。21時以降の水分摂取は午前中の検査を受ける方も可能ですが、水や薄いお茶といった透明で糖分を含んでいないものをとるようにしてください。

3検査当日

午前中の検査を予約された場合は、朝食を食べずにご来院ください。午後の検査を予約された場合は、検査6時間以上前に消化の良いものを軽く食べ、昼食は食べずにいらしてください。水分摂取は、水や薄いお茶といった透明で糖分を含んでいないものをとってください。
また、普段お薬を飲んでいる方は、事前診察で指示された通りに服薬・休薬してください。

4ご来院

検査を経鼻・経口のどちらで行うかご希望をうかがいます。なお、鎮静剤を使用しない経鼻検査をご希望の場合は当日の運転が可能ですが、それ以外では当日の車・バイク・自転車などの運転ができませんのでご注意ください。

5検査

検査室に入ったら、最初に胃の中の泡を消す薬を服用します。
経鼻検査では、鼻の奥に出血防止と痛みを軽減するスプレーを噴霧します。スコープと同じ太さのスティックを使って左右の鼻腔どちらがより検査に適しているか確認し、適した方にスティックを5分ほど留置してスムーズに検査できるようにしています。
経口検査では、咽頭麻酔を行ってマウスピースを口にくわえていただきます。
鎮静剤を用いた経鼻・経口の検査では、点滴から鎮静剤を投与します。
検査自体の所要時間は約5分です。ただし、疑わしい部分がある場合には詳細に確認した後に組織を採取しますので、その分の時間がかかります。

6検査終了

鎮静剤を使用した場合、検査が終了してから15~30分程度、個室のリカバリールームでゆっくりお休みいただいています。鎮静剤を使わない経鼻検査の場合には、検査後すぐにご説明・ご帰宅となります。

7結果の説明

検査を行った医師が、検査画像を用いながら結果をわかりやすくご説明しています。ご不明点や気になることがありましたら、些細なことでも気軽にご質問ください。
なお、検査中に組織採取をした場合、病理検査やピロリ菌感染検査の結果が出るまでに約1週間かかることがありますので、結果が出てから再度受診いただいてご説明しています。

8ご帰宅後

飲食は検査の1時間後に可能となります。ただし、はじめは水を少しだけ口に含んで慎重に飲み込み、むせるなどがないか確認してください。
なお、検査中に組織を採取した場合には、当日、翌日、翌々日まで飲酒・運動は控えてください。

検査費用

  1割負担 3割負担
胃カメラ検査 約2,000円 約6,000円
胃カメラ+病理検査 約3,000円 約9,000円
胃アニサキス除去(内視鏡的異物除去術) 約5,000円 約15,000円
TOPへ