大腸カメラ検査で 大腸がんの早期発見・予防なら富山駅前おおむら 内科・内視鏡クリニック 内視鏡専門医が鎮静剤を用いて 苦痛を抑えて楽に受けられる大腸カメラ検査大腸カメラ検査で 大腸がんの早期発見・予防なら富山駅前おおむら 内科・内視鏡クリニック 内視鏡専門医が鎮静剤を用いて 苦痛を抑えて楽に受けられる大腸カメラ検査

大腸カメラLP

076-433-1223
24時間 WEB予約
事前 WEB問診

このような症状でお困りの方へSYMPTONS

このような症状でお困りの方へ

  • おなかの張り
  • 血便がでた
  • 便潜血で陽性がでた
  • 身内に大腸がんを患った方がいる
  • 下痢や便秘が続いている
  • 原因がわからない貧血症状がある

上記の症状に該当する方は
大腸カメラ検査を受けましょう

大腸カメラ検査なら、大腸の粘膜を直接観察することで炎症や潰瘍の有無、
病気の確定診断が可能です。
また、検査時に気になる病変を採取して生検を行ったり、
前がん病変の大腸ポリープを切除することで大腸がんの予防にもつながります。
特に症状がない方も、定期的に大腸カメラ検査を受けることで大腸がんをはじめとする
病気の早期発見や予防が可能です。

大腸カメラ検査とはABOUT COLONSCOPY

大腸カメラ検査とは

自覚症状が乏しい大腸ポリープは40歳を過ぎると発症リスクが高くなります。大腸がんは気が付かないうちに進行していきます。前がん病変の大腸ポリープは切除することで治療が可能です。
40歳以降の方は、特に健康診断で異常が見つからなかった場合であっても定期的に大腸カメラ検査を受けましょう。

大腸カメラ検査なら
病気の確定診断が可能です

大腸粘膜を直接観察することで潰瘍や炎症の状態を調べることが可能です。症状だけでは判断が難しい潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸ポリープなどの確定診断には大腸カメラが不可欠です。

大腸カメラ検査と同時に
大腸ポリープ切除ができます

大腸カメラなら、検査時に見つけた大腸ポリープをその場で切除することができます。
入院の必要もなく、検査したその日に行えます。

076-433-1223
24時間 WEB予約
事前 WEB問診

大腸カメラ検査 12の特徴FEATURE

内視鏡専門医による大腸カメラ検査 内視鏡専門医による大腸カメラ検査

内視鏡専門医による
大腸カメラ検査

鎮静剤を用いて苦痛を抑えた大腸カメラ検査 鎮静剤を用いて苦痛を抑えた大腸カメラ検査

鎮静剤を用いて
苦痛を抑えた
大腸カメラ検査

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療、300件以上の実績 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)治療、300件以上の実績

ESD
(内視鏡的粘膜下層剥離術)
治療、300件以上の実績

下剤の前処置のための院内個室下剤を完備 下剤の前処置のための院内個室下剤を完備

下剤の前処置のための
院内個室下剤を完備

ストレッチャーで寝たままリカバリールームへ移動 ストレッチャーで寝たままリカバリールームへ移動

ストレッチャーで
寝たまま
リカバリールームへ移動

オリンパス社の最新内視鏡『EVIS X1』を導入 オリンパス社の最新内視鏡『EVIS X1』を導入

オリンパス社の
最新内視鏡
『EVIS X1』を導入

大腸ポリープ切除に対応 大腸ポリープ切除に対応

大腸ポリープ切除
に対応

受診当日の大腸カメラに対応 受診当日の大腸カメラに対応

受診当日の大腸カメラ
に対応

検査機器の消毒・洗浄を徹底しています 検査機器の消毒・洗浄を徹底しています

検査機器の消毒・洗浄
を徹底しています

二酸化炭素ガス送気でお腹の張りを軽減 二酸化炭素ガス送気でお腹の張りを軽減

二酸化炭素ガス送気で
お腹の張りを軽減

駅から徒歩で通院便利なクリニック 駅から徒歩で通院便利なクリニック

駅から徒歩で通院
便利なクリニック

シャワー・パウダー室を完備 シャワー・パウダー室を完備

シャワー・パウダー室
を完備

076-433-1223
24時間 WEB予約
事前 WEB問診

大腸カメラ検査の流れFLOW

事前診察と検査予約 事前診察と検査予約

STEP01

事前診察と検査予約

事前に診察し、食事制限や下剤服用、術後の制限などを含めたくわしいご説明をした上で検査のご予約をお願いしています。
事前診察では感染症検査のための血液検査も必要になります。また、普段お薬を服用されている場合、当日の休薬が必要かどうかも併せてご説明します。なお、遠方などで診療当日検査をご希望の場合には、まずは電話でご相談ください。

検査の前日 検査の前日

STEP02

検査の前日

事前診察時に服薬や休薬の指示がある場合には、それを守ってください。 食事は3食ともに消化の良いものを軽く食べてください。夕食は特に、白粥、素うどん、豆腐など色のない、消化の良いものを控えめに食べるようにしてください。薬味や具、漬物などの箸休めも食べないようにしてください。夕食は21時までにすませ、それ以降は検査終了まで絶食です。夕食後には、事前診療時にお渡しした下剤を服用します。 水分は、水やお茶など透明で糖分を含まないものは制限なく飲んでいただいて大丈夫です。

検査当日の朝 検査当日の朝

STEP03

検査当日の朝

ご自宅で、検査の4時間前までに下剤を2リットル程度飲んでいただき、腸がきれいになって便意が落ち着いたらご来院いただきます。遠方からの方、下剤服用に不安がある方には、早めにご来院いただいて院内で下剤を飲むようにしていただいていますので、事前にご相談ください。ネット予約の当日大腸カメラ検査の場合にも、当日早めにご来院いただいて院内で下剤を飲んでいただいています。
なお、鎮静剤を用いた検査を行う場合、当日の車・バイク・自転車などの運転ができませんのでご注意ください。

大腸カメラ検査 大腸カメラ検査

STEP04

大腸カメラ検査

ご来院いただき、便の状態を確認して検査可能と判断されたら、個室で当院がご用意した検査着に着替えます。
検査室に入って点滴を行います。ストレッチャーベッドに左側臥位で横になったら、点滴の側管から鎮静剤などを注入します。眠っているような状態になったら医療用麻酔ゼリーを肛門に塗って、スコープを挿入し、粘膜をすみずみまで観察します。観察自体は8分程度であり、ポリープを切除した場合も検査の所要時間は30分程度です。

検査終了 検査終了

STEP05

検査終了

ストレッチャーに横になったまま、リカバリールームへお運びします。無理して起き上がる必要はありませんので、しっかり目覚めるまで30分程度、リラックスしてお過ごしいただけます。なお、鎮静剤を使わない検査を行った場合は、検査後すぐにご説明可能です。

検査結果のご説明 検査結果のご説明

STEP06

検査結果のご説明

検査をした医師が、検査画像をお見せしながらわかりやすく結果をご説明しています。ご不明な点や気になることがありましたら、些細なことでもお気軽にご質問ください。
なお、検査中に組織採取やポリープ切除の日帰り手術を行った場合は、病理検査の結果が出るまで1週間程度かかります。その場合は結果が出た時期に再診いただいてご説明しています。

ご帰宅 ご帰宅

STEP07

ご帰宅

検査終了後の1時間後から飲食可能になりますので、前日からの食事を制限や下剤服用による低血糖を予防するためにも糖分をとるようおすすめしています。当日の飲酒や運動は避けてください。
ポリープ切除の日帰り手術を行った場合、当日の食事は消化しやすいゼリーやプリン、ヨーグルト、豆腐などをとるようにします。翌日に腹痛や出血などがなければ消化の良いものを食べ、数日かけて徐々に普通の食事に戻してください。食事以外では、飲酒・運動・排便時のいきみ、遠距離移動などを1週間程度控えていただきます。

大腸カメラ 検査費用FEE

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査 約2,500円 約7,500円
大腸内視鏡+病理検査 約3,000円 約10,000円
大腸ポリープ切除術 約8,000円 約20,000~
30,000円
076-433-1223
24時間 WEB予約
事前 WEB問診
TOPへ
TOPへ